犬・猫ペット健康診断パック

東大阪(瓢箪山)の動物病院「ライカ動物病院」は人と動物の楽しい生活をお手伝いするホームドクターを心がけています。

トップページへ戻る
HOME > 診療のご案内 > 猫の健康について

混合ワクチンについて

ワクチンは、さまざまな恐ろしい病気から体を守ってくれる抵抗力(免疫力)を体につけます。

接種する時期猫用混合ワクチン

仔猫は、生まれてすぐ飲む母乳(初乳)を通じて、お母さんから免疫力を授かります。はじめはこれによりさまざまな病気から体を守ってくれるのですが、短期間しか効果がありません。そのために、その抵抗力がなくなる頃から、ワクチン接種を開始する必要があります。
生後50~60日齢で最初のワクチンを打ち、その後1ヶ月してワクチンを追加接種し、恐ろしい病原体から身を守る「長期間の免疫力」をつけてあげましょう。最後のワクチンが終わってからは、1年に1回、追加接種してあげてください。

予防できる感染症は主に以下のものがあります。

猫ウイルス性鼻気管炎

ヘルペスウイルスによる感染症で、ひどい咳、くしゃみ、鼻炎などの呼吸器症状のほか、結膜炎をひき起こします。高熱で食欲はなくなり、鼻水と涙で顔中くしゃくしゃ、典型的なカゼの症状が見られます。

猫カリシウイルス感染症

かかりはじめは、くしゃみ、鼻水、発熱など、猫ウイルス性鼻気管炎にたいへんよく似ています。症状が進むと、舌や口の周辺に潰瘍ができることもあり、また、時には急性の肺炎を起こして死亡することもあります。

猫汎白血球減少症

パルボウイルスが病原体であり白血球が極端に少なくなる病気です。
高熱、嘔吐、食欲がなくなり、下痢が始まると脱水症状となります。体力のない子猫などは、たった1日で死ぬこともある、恐ろしい病気です。

猫のクラミジア病

クラミジアによる感染症であり目や鼻から進入するため、結膜炎、鼻水、くしゃみ、咳が見られます。肺炎を起こすこともあります。

猫白血病ウイルス感染症

若いうちに白血病やリンパ腫などの血液の腫瘍、貧血、流産などを起こす可能性があります。病気に対する抵抗力が弱まるため、いろいろな病気も併発しやすくなります。
感染してから発病までの期間が大変長く、その間は見かけ上健康に見えますが、ウイルスを排泄し、他の猫へ移します。他の猫との接触で感染するため、外出させないことが一番の予防となります。また、新しく仔猫をおうちに迎えるときもきちんとウィルスの有無を確認してあげてください。

猫免疫不全ウィルス感染症

猫どおしのケンカなどが原因で猫エイズウィルスに感染し、抵抗力が低下してしまうことにより難治性の口内炎や白血球低下、貧血、腫瘍などさまざまな病気を引き起こします。白血病ウィルスと同様、他の猫との接触で感染するため、外出させないことが一番の予防となります。また、新しく仔猫をおうちに迎えるときもきちんとウィルスの有無を確認してあげてください。2002年にアメリカで実用化されましたが2008年より日本でも予防接種できるようになりました。

当院では3種、5種、猫エイズウィルスのワクチンが接種可能です。外出の有無なども含めワクチンを選んで接種してあげましょう。猫白血病・エイズウィルスのワクチン接種前には必ず接種時点での感染の有無を血液検査で確認してからになります。

ノミ予防について

猫のノミ予防

ノミに咬まれた所のかゆみだけではなく、唾液成分に対するアレルギーつまり一ヶ所かまれただけでも全身的なかゆみが起こり特にお尻に近い背中をよくなめて急性の皮膚炎が起こることがあります。また、瓜実条虫というサナダムシの仲間を媒介してしまいます。
猫ちゃんはそれ以外にもヘモバルトネラという貧血を起こす寄生虫を媒介したりもします。また、人に対しても「猫ひっかき病」というリンパ節炎をおこす感染症を起こす可能性があります。
このようにさまざまな病気の原因にもなるノミ・マダニの駆除・予防は確実にしてあげましょう。

ねこちゃんで多い病気として

感染症

ワクチン接種であげたような感染症は仔猫や年をとってきたねこちゃんでは特に注意が必要です。

猫下部尿路疾患

猫下部尿路疾患 いわゆる膀胱炎ですが原因は多岐にわたります。細菌の感染だけが原因ではなく食べているフードの成分や体質によっても尿石症などを起こしてしまうこともあります。
はじめは少しずつ何回もトイレに行っていることが多いですがあまりにいきんでいるのでよく「便秘」と勘違いしてしまうことがあるようです。特に、男の子は尿道の長さ、狭さなどからおしっこが出せなくなってしまい急性腎不全になって命の危険にさらされることもあります。
毎日のトイレのチェックはしっかりとしてあげてください。また、おかしいな?と思ったら病院で相談しましょう。

肥満

猫の肥満 近年、特に太りすぎのねこちゃんが多いような気がします。ぽっちゃりしててかわいらしい...と言えば確かに愛嬌があってかわいらしのですが、それ以上にいろいろな病気の原因にもなってしまいます。
前述した膀胱炎にもなりやすくなりますし、肝臓に脂肪が蓄積してしまい「肝リピドーシス」という治療が遅れれば命にかかわるような肝炎も起こしやすくなってしまいます。
また、生活習慣病として人では認識されている「糖尿病」にもなりやすくなります。普段からフードの栄養成分や量を考え、太りすぎにならないように注意しましょう。

お水をたくさん飲む病気

猫の水をたくさん飲む病気 「最近、うちの子よく水のむようになったなあ~」と感じることはありませんか?
ねこちゃんはわんちゃんと比べても普段、水を「ガブガブ」と一気に飲む姿を見かけないことと思います。しかし、糖尿病になってしまっていたり、年をとってきて「腎臓」の機能が落ちてきたりのどの所にある「甲状腺」から異常に多くのホルモンが出たりしてそれによっていっぱいの水を飲むことがあります。この水の量が普通のレベルなのか、それとも病的なレベルなのかは尿検査で確認することが出来ます。
そして原因にあった治療や生活環境を整えてあげることで負担の少ない生活を送らせてあげることができると思います。

口内炎

猫口内炎わんちゃんが細菌の感染による口内炎が多いのに対してねこちゃんはウィルスや自分の免疫力によって起こってくる口内炎があります。
ウィルス性ならばカリシウィルスや猫白血病ウィルス、猫免疫不全ウィルスなどによるものでインターフェロンの効果が認められるものもありますし、アレルギー疾患のひとつである「好酸球性潰瘍」という唇がただれてくるものもあります。
厄介なのは「破歯細胞性吸収性病変(FOALs)」といわれる自分の歯に対して炎症がおき、それによってひどい歯肉炎が起こってしまうことがあることです。一時的にはお薬がよく効きますがお薬なしでは痛みのコントロールが効かなくなることがほとんどです。根治には抜歯が必要になることがありますが、その後お薬に頼らなくても痛くなくなったお口でごはんを食べられるようになるケースが多くあります。
「よだれが多い」「ごはんを食べるとき口を痛がる」など気になることがある場合には早めに病院に連れて行ってあげましょう。

東大阪のライカ動物病院